子供が欲しい!子宝占いの成果はあるのか?

子供が欲しくでもできない、不妊治療もうまくいかない、仕事をしていて妊活が進まない。

様々な子宝の悩みをお持ちの方が多いと思います。

悩まば悩むほどストレスがたまり悪循環になり、どんどん自分を追い込んでしまうことになります。

では、どうすれば子宝への近道ができるのか考えていきます。

体温の変化に惑わされずに、息抜きに占いを取り入れる

妊活は毎日の体温チェックが欠かせません。

これが上手くいっていないときは多大なるストレスにつながります。

体温や体の変化ばかり気にせず、違う目線から妊活を考えてみましょう。

子宝占いは様々な種類があります。

占いで自分の性格を見てもらい、妊活においてどう行動したらいいのか相談します。

そして、いつ頃子宝に恵まれるか占ってもらいましょう。

目標が明確になれば、毎月のつきものが来るたびに気持ちが滅入ることもありません。

自分の性格も同時に占ってもらえれば、生活改善もでき子供を迎える体制も作りやすくなります。

毎月毎月病院に通い仕事や家事をする生活も大切ですが、子宝に恵まれるためには気持ちをリセットすることも重要となります。

友人に妊活疲れで子供をあきらめようとしている子がいました。

その友人はダメもとで占いに行き二年後に妊娠するといわれ、気持ちが楽になったといいました。

そして辛い不妊治療はいったん休んで一年後に治療を再開し数か月で妊娠しました。

子宝の産み分けも占いでしてみましょう

産み分け占いも様々な種類があります。

友人にご主人が女の子が欲しいので産み分けで有名な木の周りを女の子が生まれる回り方で三周し、二人ともが女の子が生まれた方がいます。

そのご主人は占いを信用している方ではなかったのですが、願掛けもかねて子宝の産み分けを願っていました。

占いで子宝に恵まれるのか

自分を追い込まないためにも、気持ちをリセットするためにも妊活の一つとして取り入れることも大切だと思います。

上記で述べた友人も占いに行っていなければ一年間不妊治療を休むといった選択はできなかったといいます。

大事な選択の後押しをしてくれるのに占いが大活躍した例です。

子供が欲しいと悩まれている方は、一度立ち止まって休むことも大切だと思います。

ただ、自分で判断することは難しいこともあります。

そこで子宝占いで考え方を見つめなおす事も妊活の一つです。

占いで少しでもストレスを減らし子宝に恵まれる環境づくりをすることが大切です。